先輩たちの仕事先輩たちの仕事

学ぶことが尽きないから楽しい。
目標は「あの人から買いたい」と思わせる接客
PROFILE Hさん 33歳PROFILE Hさん 33歳

PROFILE

Hさん 33歳
2002年入社 
DCMホーマック 浪岡店

■ レジから売り場、カウンター業務へ

高校を卒業してから東京に就職したんですけど、水が合わなくて浪岡に戻ってきていました。 DCMホーマック浪岡店のアルバイト・パートの求人を見つけてくれたのは妹。ホームセンターの仕事は初めてでしたが、家から近いこともあり、挑戦してみようと思ってDCMホーマック浪岡店のパートの求人に応募しました。
最初はレジのパートで入ったんですけど、少しずつサービスカウンターの業務も。今は売り場とカウンターがメインですが、レジもみんなで交互に担当しています。売り場は作業用品の部門です。扱っているのは手袋や帽子、長靴、それから紳士衣料などです。先日は、新商品が出たのでそれを陳列して、古いのは値下げして、という作業をせっせとやっていました(笑)。
勤務は午前10時から夕方17時までの中番と、午後13時から20時までの遅番のどちらかです。出社すると今日の自分が担当する部門のシフトの流れが書かれているので、それを見て指示のあった場所に入ります。

■ 元気をくれるパート仲間の心遣い

DCMホーマック浪岡店では、中番も遅番も開店後、時間が経ってからの勤務開始なので、まずは売り場の整理整頓からスタートすることが多いですね。棚が乱れているのはお客様が商品を見てくださったという証拠ですから、苦にはなりません。売り場にいると、通りかかったお客様に「こういう時はどれを使えばいいの?」といったような相談を受けることも。工具などはサイズもいろいろですから、取扱説明書があれば確認したり、担当がいたら取り次いだり、時間が許せばタブレットで調べたりします。解決して、お客様から「ありがとう」とおっしゃっていただけるとうれしいです。
ホームセンターのサービスカウンターの仕事は、注文や修理の受付だけでなく、商品に対するご不満もお聞きする場所。ちょっと大変だなあと思うこともありますが、これも大事な仕事のひとつ。クレームに落ち込むときもありますが、そういう時は休憩時間にリフレッシュ。パート仲間が明るく「お菓子食べよう!」なんて声をかけてくれるので、また頑張ろう!と思えます。

■ 学びたいことが尽きないから楽しい

DCMホーマック浪岡店でパートを始めてもう10年以上経つんですが、まだまだ分からないことがたくさんあります。ホームセンターは商品の種類も多いですから、覚えるのも一苦労。でも、常に学ぶことがあるということはやりがいにもつながっています。
商品だけじゃなくて、接客もそう。先日、プライベートで買い物をしていた時に、素晴らしい接客をする方にお会いしたんです。とても丁寧に接客されて、この人ちょっとすごいなと尊敬して、買うつもりがなかったのに買っちゃった(笑)。私もお客様の立場に立った接客ができるようになりたいな、と改めて感じました。
DCMホーマックのようなホームセンターにはいろいろなお客様がいらっしゃるので、人と接することが好きでポジティブに考えられる人が向いているかもしれませんね。未経験でわからないことがあっても先輩たちや店長・主任に聞けばOKですから心配は無用です。 私が気を付けているのは笑顔でいること。凹んだ時も仲間の「チョコ食べる?」で笑顔復活です!